2010年06月07日

ファイナンシャルプランナー

知人にファイナンシャルプランナー(FP)というお金に関する専門家がいる。このお仕事、個人のライフステージや生活設計にあわせて財産計画を提案する職業だ。
たまに、お家を建てるお客様のローン計画のことでアドバイスを受けたりするが、いざ自分のこととなるとちょっと相談しにくかったりする。だって「住宅ローンが大きいですね。」「食費をもう少し抑えないと。」「使途不明金が多すぎ!このままでは破綻してしまいますよ!」などど怒られそうで恐いからである。
しかし、このての相談で、いつも考慮されていないと思うのが、「お金に関するみえざる法則」である。つまり、住宅ローンを組むことによって「よーし頑張ってお仕事しよう!」というやる気UPや、活きたお金を使うことによって、その後にお金が入ってくる「お金は天下の回りもの」といった目にみえない力の部分。もちろん、専門家がこのような数字に出ない部分を考慮してアドバイスするほうがおかしいのだが、私自身はこの目にみえない力は思っている以上に大きいと考えているのだが、いかがなものでしょう??
posted by ayumi at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38805884

この記事へのトラックバック