2010年01月18日

ソーラーシステム&太陽光集積装置

最近流行りのソーラーシステム。
少し前までは、屋根材の上にソーラーパネルをのっけるタイプが主流で、正直あまり見栄えがいいものではありませんでしたが、最近、「ソーラーパネル自身が屋根材を兼用するタイプ」のものが登場し、新築ではほとんどこちらが採用されているようです。
先日、登記の依頼を受けたお客様宅が設置されていたので見てきましたが、これだと一見ソーラーとわからずとてもお洒落ぴかぴか(新しい)。設置費用はメーカーにもよりますが135万〜300万だそうです。

それとは別もので太陽光集積装置「ひまわり」のデモを見てきました。
これはソーラーシステムのように太陽エネルギーを利用して発電させるものではなく、「太陽光そのものを光ファイバーを通して室内に取り入れる晴れ」というものです。
首都圏などでビルなどに囲まれたお宅や、南側に3階建などが建っているお宅のリビングなどに人工の光ではなく、太陽光そのものを取り込めるというのがポイント。
しくみは、電球のおばけみたいなものひらめきを屋根かバルコニーに設置し(この電球おばけが太陽を自動追尾!だから名前が「ひまわり」)、壁の中の光ファイバーを通して、光を取り入れたい部屋の天井に取り付けた照明器具まで太陽光を運ぶといもの。思ったより明るく、ほわっとした感じの明かりと温かみがあるのが特徴です。有り難くない紫外線はカットされているそうで、夏場も考えてスイッチを入切することができます。費用は設置費を入れると100万程度。うーーーん、もう少し安かったらもっと普及するかも。しかし、久々に面白いものをみさせていただきましたわーい(嬉しい顔)
posted by ayumi at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34811630

この記事へのトラックバック