2019年07月22日

今回の選挙

大変ご無沙汰しております。
ここ1-2年、ややこしい業務が続き、日々奮闘しておりました。
いやー、どこかに仕事の神様がいて 私の仕事の状況をみているんじゃないかと思うくらい、1つ難関を乗り越えたと思えば、はいもう一件、はい次もう一件、と続きまして、またまたすっかりブログ放置状態になっておりました。
************************************
さて、今回は昨日あった参議院選挙について。
普段、政治のことにそれほど熱心ではないのだが、今回は「改憲」のこと等がテーマの一つだったため、しっかり調べて候補者に投票しようと、普段あまり観ないTVをたくさん観てみることに。・・・が、選挙直前とは思えないくらい、TVにも新聞にも選挙の内容がほとんどとりあげられていない!どこのTVも、事故や芸能人のこと、芸人の闇営業の話ばかり(しかも、どこも同じようなスタイル、内容でほんっとにおもしろくない)。いやー、びっくり。もっと党首同士の討論会や、候補者の考えを聴くことができる番組があってしかりではないのか・・・。さらにSNSで流れてくる街頭演説の中、かなり共感を呼んでいる団体に関しては、ほぼ無視状態。これに関しては「まだ政党でないから」という理由だけではないように思ってしまう。フェアではない。
・・・そして、選挙が終わり、案の定、投票率が50%切ることがわかった。メディアは「今回の選挙、盛り上がりませんでしたもんねー」などと他人事のように言っていて、またまたびっくり。いやいや、それを盛り上げるのがメディアの仕事なのでは??開票速報の時に、街頭演説やインタビューを流して何になる??

かくして、、歴史が苦手教科である長男に「やぱり歴史は勉強したほうがいい」と伝えた。
「なんで?」
「将来、日本の政治に関わる仕事に就くことになったら、日本の過去をきちんと知らないと、新しい正しい政策は考えられないでしょ」
「じゃあ、そういう仕事に就かなかったら?」
「それは、将来、日本の政治に関わる人矛盾や嘘、メディアの情報操作をきちんと見抜ける人になるためよ。」と。
posted by ayumi at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記