2009年06月04日

「土地家屋調査士」の知名度

すっかり夏〜と思って半袖に衣替えしたとたん、また肌寒い日々。風邪ひきそう雷。皆さま気をつけましょう。

さて、「土地家屋調査士」って不動産・建築関係もしくは法務関係に携わっている方でないとちょっと聞きなれない業種だと思いませんか?これは、一生のうちで土地を売買したり、家を建てたりということが滅多になく、皆さまとお会いする機会が少ないことが原因かと思われます。また、そういう時でも間に不動産屋さんやハウスメーカーが入ることが多いので、ますます一般的に皆さまとふれあう機会がなくなるんですよねー。

よく間違われる仕事は「不動産鑑定士」さん、「測量士」さん、あとは、「調査士」などとついているせいか「た、た、探偵さん?」と言われることもあるくらいたらーっ(汗)

知名度が低いということで一番困るのは土地の境界確認(立会い)のお願いで、依頼者のお隣さんに最初に行くとき。
「土地家屋調査士の・・・」とインターホン越しに挨拶すると、スーツ姿の時は保険のおばちゃんかと思われ、作業着の時はなんかの業者さんと思われるのか「うちは間に合ってますから!」とお話をする前から怒られることも・・・。まあ、大抵は図面を見せて説明するうちに怪しい者ではないことはわかっていただけるんですが、いつもドキドキです。
何か知名度がアップするような方法はないもんですかねー。
posted by ayumi at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記