2017年07月28日

!解決しました!

HP掲載の問い合わせシートおよびメールアドレスの不具合問題が解決いたしました。
引き続き、そちらからの問い合わせをお待ちしております。
お騒がせいたしました。
posted by ayumi at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月27日

問い合わせ先について

!!問い合わせ先について!!
現在、原因を解明中ですが、HP上の問い合わせシートおよび記載のメールアドレスにせっかくお問い合わせ
頂いたにもかかわらず、こちらに連絡が入ってこないことがあります。
問い合わせしたのに、なかなか返信がないと思われている方は、お電話にてご確認下さるか、以下のメール
アドレスに再送して下さいますよう、お願いいたします。お手数をおかけいたします。
ayumiland_1667@fch.ne.jp
posted by ayumi at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月12日

祝 CARP優勝!

今、広島の街は25年ぶりのCARPの優勝で浮かれている。
もちろん、元祖カープ女子の私もその一人である。
清心中高校時代、同級生とプロ野球同好会を作り、CARPの歴史をまとめたり、何度か市民球場に押しかけ、声が枯れるまで応援をしたものである。「おまえら、よう、応援しよる」と応援団のおじさん達にアイスやジュースを買ってもらったり、応援の様子がTV画面に映し出され、次の日の授業の冒頭、「市民球場に行ってましたか?」と先生に質問されたこと等が昨日のことのように思い出される・・・。

25年前の優勝時は、関西で生活していたため、残念ながら市民球場に出向いてアイスを買ってもらうことなどはなかったが、阪神ファンに囲まれながらも、CARPの黄金時代が来るのではないかと密かに期待したものだ。当時、CARPには、野村、前田、緒方、佐々岡などすばらしい選手がたくさんいたからである。しかし、現実は、1993年から導入された、FA制度やドラフト逆指名が貧乏球団のCARPにとって大逆風となり、そこから長い長い低迷期が続くこととなってしまったのである。もう、優勝する姿を見ることができないかも・・・と半ば諦めかけていた時、まさかの出来事がおきたのである。

2015年、メジャーリーグから黒田がCARPに帰ってくる!のである!!
まだまだメジャーで主力選手であり、何十億という年棒をもらっているにもかかわらず、である。この「男気」復帰は、CARPファンでなくても心が震える出来事であった。本当に「男前」というのはこの人のためにある言葉だと思う。残念ながら2015年の優勝は逃したものの、同年復帰した新井とともに、「CARPで優勝することに意味がある」というブレない信念とスピリット、姿勢が若手選手のやる気に火をつける結果となった。そして、今年、CARPは圧倒的な力をつけ、すばらしい戦いを続けることができ、感動的な優勝を勝ち取ったのである。黒田と新井が男泣きしながら抱き合っている姿をみて、今度こそ、CARPの黄金時代が来るのではないかと涙した9月10日である。
posted by ayumi at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月18日

安かろう悪かろう

HPをみて業務を依頼してくださった方から「ブログを読んで、あなたに頼もうと決めました」と、とても意外なことを言っていただいたので、心機一転、これからもっとブログを更新していくつもりですー。

さて・・・
新年早々、いやな事故が起こった。スキーバス転落事故。私も大学生&社会人時代によく夜行スキーバスを利用していたので、とても他人事とは思えない。今回の事故では多くの大学生の方々が犠牲になられ、本当に残念である。皆、優秀な大学に通われ、活発な好青年、才援才女ばかり。いきなり明るい未来を断たれ、どんなに悔しいか。そして、その親御さんの絶望を思うと、本当に胸がつぶれる思いだ。事故原因はまだはっきりしていないようだが、「旅行会社に低価格を打診された」「大型バスに不慣れな運転手だった」などをみると、やはり「安かろう悪かろう」が多少なりとも影響している気がしてならない。交通の問題、食品の問題、医薬品の問題、いつから日本は最低限の安全を犠牲にしてまで、低価格化が進んでしまったのだろう?

バス会社の「旅行会社からの低価格提示を断ると、他の会社に仕事を回されてしまうので、仕方なくそれで受注することがある」との説明を聞いていると、我々の業界にも通ずるものがあると感じた。

不動産屋さんから「売買急いでるので最低限のことだけしてー。〇円で。予算がないんよ。」と言われることは多い。その〇円がとんでもない低価格だったりすることもある。同業者全員が「それではできない」と断ればいいものを、それで受注してしまう業者がいるため、とても残念。先日、売買される土地の隣接所有者さんから相談があり、「立会で1回、サインをしただけで、もう売買がされていた。別件であなたにやってもらったとき、何か書類に実印を押したりしたのに、こんなので大丈夫かと思って。あと、新所有者さんが工事をはじめたのだけど、どうも、こちらに越境しているみたいなのよ。それも心配で。」と。相談者さんはきちんど写真を撮られていたので、現地とそれらを照合すると、土に固定せずに入れていた境界鋲を、工事業者が整地のときにとばしてしまい、そのため越境工事が施されていることが判明した。
@工事をいったんストップしてもらう
A間に入った不動産会社から、新所有者に正しい境界について再説明してもらう
B担当した土地家屋調査士に境界確認書を作成してもらい、双方サインすること
とアドバイスしたところ、@Aも遅々と進んだそうだが、Bにいたっては、書類こそすぐ作って持ってきたものの、開口一番「今回、あの不動産屋から値切られて大変だったんです。自分は最低限でやっていますから。」と言ってきたそう。いや、きちんとした書類(図面)がなくて、トラブルが起きているのだから最低限のこともやっていないと思うし、さらに、そんなこと相手に言うことではない(値切られて大変とか、隣接所有者さんには関係ない話)。いったん覚悟を決めて受注したのだったら、そんなこと口にも出さす、業務を遂行すべき!そんなことで大切な財産が脅かされるのは本当に危険だ。

日本の全ての業務で、最低限の安全を守り、「安かろう悪かろう」を見直す時期にきていると強く感じている・・・。
posted by ayumi at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年05月25日

久々すぎて・・・

同業者さんから「ブログ、止まっとるでー」のお電話を受け、更新しに参りましたが、
半年ぶり位だと思っていたのに久々すぎて自分でびっくり。いやー、下の子に手がかかって
(お兄ちゃんは高学年になって随分自立してくれた!)、仕事が終わったらバタバタ、
あたふた、イライラ、ガミガミし通しでゆっくり書き込みしている時間があーりませんでした。
世の中のお母さん方は本当に偉い。子供2人でこんなのだから3人、4人と育児されているお母
さん方、本当に偉いぴかぴか(新しい)

さて、開業以来ずっとお付き合いさせていただいている女性の書士さん、何ヶ月前からなんだか
様子がおかしい。同じ話しを何度も確認されるし、落ち着きがない感じ。いつもの覇気も感じら
れず、どうしたのかな・・・と思っていたら、なんと依頼していた業務もストップしていた・・・。
しかも、そろそろ完了しているかなーと思って確認したら「あ、急ぎでしたっけ?すいません。」
とだけ・・・。幸い、親戚の件だったので理解を得ましたが、これが一般のお客様だったらと思うと
冷や汗が・・・。後日、「すいませんでした。今はよくなったのですが、実は更年期で。」とお詫び
が。聞いたことはあるけれど、そんなことになるの?更年期って仕事もできなくなるの??
なんでもその方は「集中力がなくなり、やる気がなくなったり、のぼせたり、落ち込んだり」された
そう(症状はひとそれぞれらしい)。えー、そんなのいきなりやって来たら困りますがな。予防法は
ないのか調べたところ、
@ 適度な運動とバランスのとれた食事 
それは、そうやろね。誰にも大事。
A ストレスのない家庭環境、職場環境
・・・?。そんな環境あるのだろうか!?
B 自分だけのゆったりした時間をもつ
・・・!!?これもますます無理やね。大体、世間のお母さん方は前述のとおり、育児&仕事etc
...でなかなか自分だけの時間がない。さらに旦那は飲み会ばかりであてにならない(⇒これは、
うちだけか)、おまけに親の介護なども必要になってくる年代。一体いつゆったりしろというの
だろう。定期的に役所が「更年期前の女性 温泉ツアーいい気分(温泉)(残された子供と旦那の食事付)」
とバスをチャーターして強制的に温泉にでも連れて行ってくれないと無理な話だ。
かくしてちゃんとした予防法がないことがわかったので、自分はまだ20代だといいきかせて脳を
だましながら生活することに決めた。気持ちはいつまでもフレッシュ新入社員のままだし、きっと
なんとかなるだろう(期待)。
posted by ayumi at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年12月11日

おうちが・・・

「ブログ、閉鎖したの?」との声がかかるくらいの更新率でスイマセン。1年に2回くらい、覗いてやって下さいm( )m。
さて、年内に更新しなきゃ、と思っていた矢先、事件がおきました。
うちの長男、結構凝り性で、学校で習った図工など、おうちでも進化させた独創的なバージョンを作成したりして、これも一つの才能かも♪と喜んでいたのですが、、、やってくれました、、、。

A4サイズくらいの木の板にくぎを何本も打ち付けて迷路を造り、そこにビー玉をはじいて(これも木で造る)、なんというか、パチンコのようなものを造ることを学習したのですが、これを家でもとんとん、とんとんと楽しそうに造っていたのですね。板には宇宙の絵を書いて、ビー玉もブルーにするんだ、宇宙に飛ばすんだ、などと嬉しそうに。それで、その作業を机ではなくていつも床でするので、床に傷でもついたらたまらんと思い「姿勢も悪くなるから、きちんと机で作業しなさい。」としかっておりました。そう、何回も何回も。それが、、、、人の話を一向に聞かない長男、昨日も、とんとん、とんとんとやっておりました(きっと床で⇒私は事務所におり、音だけ聞いていました)。
突然「お母さん!!大変、ちょっと来て〜!!!」
の叫び声が!釘が指でも貫通したのかと驚いてかけつけたところ、ハンカチで床を隠した長男
「釘、打ってたらね、手がすべって、床に穴が・・・。」と。
「床に穴ならよかったよー。〇〇くんの指に穴が開いたんじゃなくて」
と寛容な対応をした私。すると、
「そうじゃなくて、これ!!」
ハンカチをはらった瞬間!床からピューッと噴水が!!
「・・・・・・。」
そう、うちは温水床暖房を張り巡らせているので、冬でも暖房がいらないくらいお風呂に入っているようにおうちが暖かいのですが、、、、、その床暖房の管を貫通していたのでした・・・。がーん。
「だから机でやれと言ったじゃん!!むかっ(怒り)
とおっさんモードで長男を叱り付け、タオルを何枚も持ってくるように指示(噴水をタオルで覆っておけー)。すぐにカスタマーセンターに連絡して噴水の止め方を聞き、担当者に見に来てもらうことに。
「管が破損しているので、床をはいで、管を交換して、そしてまた床張りしないといけないかも。同じ床材がなければ、一部でなくてリビング全体交換かも・・・。それで、今、時期的に職人さんや材料が不足しているので年内に作業できないかもしれません。」と、担当者。
がーーーーん。一番床暖房が必要な時期にしばらく使えないってことーーー、しかも床全体張りなおしーーーー??しかし、職人さんも材料も不足っていうのもよく理解できる、、年内に新築を間に合わせるためにこの時期のハウスメーカーさんは大変(〇〇くん、よりによってこんな時期に・・・)。
「いい方法があるか、明日、床暖房修理担当に確認してみます。」とのこと。どうか、いい方法がありますように(管が1本でなくて繋いでいるタイプで、そこだけ替えたらいいとか、床材も今と同じものが残っているとか)。
噴水が止まって、びしゃびしゃなタオルをかかえて呆然としている長男「・・・サンタ、来るかねもうやだ〜(悲しい顔)?」
「(おいおい、サンタの心配かい)そうね・・・・来ないんじゃないむかっ(怒り)!?」
皆様、温水床暖房は超お勧めですが、決してその上で釘うち作業はされないように・・・。
posted by ayumi at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年08月02日

増税前

最近、建物新築登記の依頼が多い。通常、そんなに多くない時期なのだが(12月とか、2,3月に集中する)何故か多い。「景気がよくなってきているんですかね」と業者さんにお話すると、「いえ、増税前の駆け込み需要ですよ。」とのこと。どうりで3年前や7年前に境界確定した土地の所有者様から「一部、売却したいので分筆登記をお願いします。」との依頼も重なっている。建物がたくさん建つということは、当然敷地売買も活発になるということなんですよね。
3年前や7年前にお会いした所有者様と久々にお話できることはとても嬉しい反面、「実は父が亡くなって・・・。」「あのときの隣接所有者さんはガンで亡くなられて・・・。まだ40代だったのに。」「母の脚が悪くなって、杖なくては歩けなくなってしまって・・・。」などの悲しいお知らせを受けたりし、複雑な心境になる。家族はいつも健康でそばにいるものと思って過ごしているが、そのことは実はとても有難いことで感謝すべきことなんだ、家に帰ったら旦那や子供に「いつもありがとう」といって少しだけ優しくしてあげようと心に決めて帰宅するのだが、、、、、残務やご飯のしたくに追われるうちにすっかりそんなことは忘れてしまい、少しも優しくできていない毎日が続いております。。。反省。。。
posted by ayumi at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年11月01日

ネットバンキング

お久しぶりの更新です。いつもこの言葉から始まるようになってしまいましたたらーっ(汗)。「最近、ブログ更新していないけれど元気?」というメールを頂いたりすると、こんなブログでも読んでくれている人がいるのかと感激、「すぐに更新するよー手(グー)」と返信したものの、すっかりご無沙汰してしまいました・・・。

最近、ネットバンキングに関する犯罪が増えていますよね?私自身、もとSEの身、「ネットバンキングとかカード決済って結構恐いよね。ITに強い人からみたら情報を盗むプログラム、すぐ作れるよね・・・」と思いながらも、複数の銀行で頻繁に利用しており、いつもこの利便性をありがたく思っていました。対策としては「パスワードを頻繁に変更、ネットセキュリティの強化、ネットをつなぎっぱなしにしない、不自然なポップアップ画面は無視」くらいしか思いつきません。巧妙な手口で攻めてこられるとうっかりひっかっかてしまうかも・・・。最近の一連のニュースで、「はやり辞めておこうか・・・」と思いつつ、結局、利便性のほうをとってしまっております。

しかし、この手の犯罪でいつも思うのが、その企画力・計画性・技術を活かせば社会のためにとても役立つ人材になるだろうに、勿体ない!ということ。負の力(犯罪)で得たものは、その何倍にもなって負の力が自分に返ってくる、逆に正の力(仕事などで社会に貢献)で得たものは必ず正の力で返ってくるんだから、若者よ(おじさんかもしれないけれど)、目を覚ませ!ということです。

それにしても、皆様、気をつけましょう。
posted by ayumi at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年12月21日

ゴールド免許が・・・

これからどしどし更新!と言っておきながら、もう今年も終わりという時期になってしまいましたたらーっ(汗)

久々の更新が、警察につかまった話で恐縮ですが、さっき車で移動中、生まれてはじめてパトカーに止められてしまいました!仕事でかかってきた携帯電話に「運転中なのでかけ直しますね〜」なんて対応している間にウイイーーンと。場所が郵便局の前だったこともあり、なんだか強盗っぽく見えるぞ、切符きるなら早く切ってくれーという感じ。
忙しい中を結構待って受け取ったありがたくない切符は罰金6,000円也。罰金も減点−1も痛いが、何が悲しいって、今までずーっとゴールド免許だったのに、このたった3秒くらいのことでそれが今度から平(ひら)免許になるなんてーもうやだ〜(悲しい顔)。こんなことならもっと派手で思いっきり諦めのつく違反をしておけばよかったかも(いやいや、それは違う・・・)。
どちらにしても言っていくところもなく、罰金も郵便局ですぐ払い(後になるともっと腹がたってくるので)、局員の方に「私もさわっていただけで1回つかまりましたよ!握っているだけで駄目なんですって!」と慰め(?)のお言葉を頂いてとぼとぼ事務所に戻ったのでした・・・。

これが厄落としになりますように・・・。
皆様も運転モードにして、決して一握りもされぬように・・・。

来年もよろしくお願いいたします。
posted by ayumi at 12:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年07月16日

猛暑日の立会

大変ご無沙汰しております。
色々事情がありまして、2ヶ月間HPにアクセスできない状況になっておりましたバッド(下向き矢印)。やっと復旧しましたのでこれからどしどし更新していこうと思います。
よろしくお願いします。

さて、毎日暑い日が続いておりますが、こんな日に土地の境界立会いをすると誰か熱中症になるのではないかと心配してしまいます。
昨日も広い畑(実際には休耕地で原野化しているところ)で所有者、隣接者の方々に集まっていただき境界の確認をしてきたのですが、暑さと蚊の中、厳しい立会いになりました。公図の精度が悪く、境界標も測量図も現況構造物もなく、両者の言い分も違うという箇所があり、議論もオーバーヒート気味。最終的に合意に達しクールダウンしましたが、途中、参加者のお一人から「あなたも我々に冷たいお茶くらい持ってきなさい。」とお叱りを受け、今後、猛暑日の立会にはキンキンに凍らせたチューチューでも持参しようと心に決めたのでした。
まだまだこれからが夏本番です。皆様も暑さ対策は万全に。
posted by ayumi at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記